株式会社グッドワンリフォーム│グッドマイホーム│岩手県盛岡市│リフォーム│太陽光発電

 

トップページ

 

弊社からのお得な情報

弊社からのお得な情報
 
国の蓄電池補助金 まもなく申請受付を終了
2014-06-23
 経済産業省は、19日、一般家庭や事業所等に対して定置用リチウムイオン蓄電池の導入を補助する事業について、申請受付をまもなく終了すると発表した。

本事業は、電力需給のピークコントロール対策などを目的に、定置用リチウムイオン蓄電池の導入費用の一部を補助する事業として、平成25年度補正予算にて措置した。6月17日に約2.3億円の予約申請を受理し、この結果、予算残額が約15.8億円となった。予約申請額が予算額に達し次第、予約申請受付を終了する。 

(【環境ビジネス】 最新ニュース 2014/6/23 より)

 

まもなく蓄電池の補助金も受付が終了となるようです。蓄電池導入をお考えの方は、補助金の出るこの機会を是非ご活用頂ければと思います。

 

蓄電池のお問合せ・販売はコチラ→→岩手蓄電池.com(グッドワンリフォーム蓄電池専用サイト)

 
再生エネルギー固定買い取り、総量規制 政府検討
2014-06-20
『再生エネルギー固定買い取り』とは...
・再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、一定価
 格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度です。
 
 
 政府は2014年6月17日に太陽光を中心とする再生可能エネルギーの『固定価格買い取り制度』の見直に着手しました。電気料金の上昇を抑制するために、固定価格での買い取り量を制限する「総量規制」の導入を検討しています。家計や企業の負担を軽減するの狙い。
 
政府が見直しに着手したのは、価格設定で太陽光を優遇した「現行制度を継続すると電気料金の上昇が続く懸念」があるため。
 
そこで、
・一定量を超えた分は自由に価格を決めるようにし、買い取りコストを下げる
太陽光発電に限って、買い取り価格を大幅に下げる
価格の改定を年1回から複数回にする
これらのことを検討しているとのことです。
 
2012年7月以降、未稼働の太陽光の発電設備は約5700キロワットと稼動済みの6倍強にのぼる
太陽光発電が普及するほど家庭や企業の負担は増すだけに、政府内に普及と負担のバランスが必要との
見直し論が強まっている。【日本経済新聞】より抜粋
 
『環境ビジネス』最新ニュース
2014-05-01
【環境ビジネス】 最新ニュース 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■岩手県、宮城県、福島県での太陽光発電に補助 蓄電池・送電線も補助対象

太陽光発電協会JPEA復興センターは、平成26年度の再生可能エネルギー発電設備等
導入促進復興支援補助金事業において事業者を募集している。
→続きを読むhttps://www.kankyo-business.jp/news/007625.php?cat=solar
------------------------------------------------------------------

■ファミリーマートで電気自動車の急速充電が可能に

ファミリーマートは、28日、2014年夏以降、全国のファミリーマート店舗約500店
に電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)向け急速充電器を順次
設置すると発表した。
→続きを読む
http://www.kankyo-business.jp/news/007618.php
------------------------------------------------------------------

■福島県での再エネ発電設備導入に補助金 体験学習施設の併設が必要

新エネルギー導入促進協議会は、福島県において、再エネ発電設備とあわせて
体験学習施設等を導入する民間事業者や、学校・公民館等の公共施設で再エネ発電
設備と蓄電池を導入する地方公共団体を対象に、補助事業を実施する。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007622.php

------------------------------------------------------------------

■柏の葉スマートシティ、国内最大級3.8MWhの大容量蓄電池システム導入

日立製作所と日立化成は、国内最大級となる3.8MWhの大容量リチウムイオン蓄電池
システムを、三井不動産が手がける柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)に納入
した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007623.php

------------------------------------------------------------------

■ゼファー、防災拠点となる病院に蓄電池×小型風力発電を初導入

ゼファー(東京都)は、25日、メディカルコート八戸西病院(青森県)の敷地内
駐車場に、5kW風力発電機Zephyr90004基を導入したと発表した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007619.php

------------------------------------------------------------------

■建物外装で太陽光発電 省エネ窓システムに電力供給し商用電源不要に

大林組は、外装カーテンウォールと一体化した太陽電池による発電電力を、建物内
の送電網に接続することなく、直接、外装の省エネ窓システムに利用する「オフ
グリッド(独立)型の太陽光発電外装システム」を開発した。
→続きを読む
http://www.kankyo-business.jp/news/007617.php
------------------------------------------------------------------

■環境産業に特化した人材紹介、スタートから1年で成約件数100件突破

この度、環境ビジネスに特化した人材紹介サービス環境ビジネスキャリアは、
サービスをスタートしてから1年で人材斡旋成約件数が100件を突破したと発表
した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007627.php

------------------------------------------------------------------

■東京ガスのエネファーム、累計販売台数3万台を突破

東京ガスは、家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数が3万台を達成した
と発表した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007620.php
 
平成26年度から設備認定の変更点
2014-04-30
 
【平成26年度の認定運用の変更点】

資源エネルギー庁より、平成26年度から設備認定の運用について変更点
をアナウンスしております。
再度のご確認をお願いいたします。

1.場所及び設備の確保に関する期限の設定について

50kW 以上の太陽光発電設備について、平成26年4月1日以降に認定
の申請が到達した案件に対しては、認定後180日を経てもなお場所及び
設備の確保が書類により確認できない場合、認定が失効するよう、運用す
ることとなります。


2.地権者の証明書の取り扱いについて

50kW 以上の太陽光発電設備について、認定の後、共有者全員の同意が
存在していないことが明らかになるケース、地権者が同一の土地に関し
複数の者に同意書を発行しているケースなど、場所の確保を巡ってトラ
ブルが発生しています。このため、他の共有者を含む地権者の同意が存
在することの確認が、徹底されます。


3. 分割案件の取り扱い

事実上、同一の事業地における大規模設備を意図的に小規模設備に分割し
た場合
、関連する該当発電設備をまとめて一つの認定申請案件とするなど
、適正な形での申請を求めることとし、これに応じない場合は認定をしな
いものとするとしております。

 
 
『環境ビジネス』最新ニュース
2014-04-29
【環境ビジネス】 最新ニュース 2014/4/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■風力発電・地熱発電の環境アセスをもっと短く NEDOが実証事業を募集

NEDOは、風力発電と地熱発電について環境アセスメントの迅速化・半減化を目的
とした実証事業等を実施する。
→続きを読むhttp://www.kankyo-business.jp/news/007611.php

------------------------------------------------------------------

■ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大33.2%の電力ピークカットを達成

大成建設は、国内広域大都市型デマンドレスポンス実証において、最大33.2%の
電力のピークカットを実現したと発表した。
→続きを読む
http://www.kankyo-business.jp/news/007608.php
------------------------------------------------------------------

■平成26年度の省CO2住宅・建築物への補助事業が公募開始

国交省は、「平成26年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業」の提案募集を
開始した。
→続きを読むhttp://www.kankyo-business.jp/news/007612.php
------------------------------------------------------------------

■運動用トラックやエコタイヤ導入の補助金 申請期間が発表

国土交通省は、トラック輸送の省エネ対策の推進として、先進環境対応型
ディーゼルトラックとエコタイヤの導入に補助金を交付する事業について、
2次募集の申請受付日を発表した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007613.php
------------------------------------------------------------------

■NHKがスタジオ向け白色LED照明を開発 「軍師官兵衛」でさっそく使用

NHKは、25日、クルムス(Cl_MS)蛍光体を用いた目に優しい白色LED照明器具を
小糸製作所と共同で開発したと発表した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/007609.php

------------------------------------------------------------------

■環境省、CO2削減キャンペーンにおけるNPOとメディアの連携に補助金

環境省は、低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に
おけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業の事業案件の募集を
開始した。
→続きを読む 
 http://www.kankyo-business.jp/news/007598.php
 
ゼロエネ補助金について
2014-04-25
経産省
2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、高断熱性能と高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築する既築住宅をZEHへ改修する方に補助金を交付するものです。
上限は350万円です。
 
国交省
戸建て住宅供給の相当程度を担う中小工務店における躯体と設備を一体化したゼロ・エネルギー住宅の公募によって募り、予算の範囲内において、設備費等の一部を補助し支援するものです。
上限は165万円になります。
 
↓↓ゼロエネのホームページはこちらです↓↓
 
質問・疑問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
IBCラジオ出演! ~給湯器センター阿部店長~
2014-04-23
IBCラジオに以前から社長の佐々木がたびたび登場しておりましたが、昨日4/22のワイドステーションには営業の阿部がスタジオへお邪魔させていただきました。
 
グッドワンリフォームでは、別ホームページで【岩手給湯器センター】として、給湯器を専門でも扱っており、阿部はそこの店長でもあります。
 
ラジオ出演終了後、さっそく沢山のお問い合わせを頂戴いたしました。
 
給湯器は一般的に10年程度で寿命が来るといわれております。「自宅の給湯器ももうそろそろ取替え時かしら・・・」とお考えのお客様は、是非【岩手給湯器センター】のホームページもご覧ください。
 
定価から30%~50%でご提供できる商品や、万が一の災害時、停電中でも4人家族で1日1回(3日間)使用できる給湯器なども取り扱っております。
お湯は毎日使うものですから、「故障して困った!!」となる前に一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?
 
↓給湯器について詳しくはコチラ↓
岩手給湯器センター
 
 
売電価格36円(税抜)の分譲ソーラー募集について
2014-04-15
昨年度募集いたしました新花巻発電所の分譲ソーラーは、おかげさまで大変ご好評いただき、予想以上の速さで「完売」となりました。ご契約いただいたお客様、ご検討していただいた皆様、誠にありがとうございました。
 キャンセル待ちをしていただいている方も数名いらっしゃいますが、なかなかご連絡ができない状態となっており申し訳ありません。
 
10kW以上の産業用太陽光発電の売電価格は平成26年度4月の申請分より、1kWあたり32円(税抜)とだいぶ下がってしまいましたが、グッドワンリフォームでは平成25年度の売電価格36円(税抜)での買取が約束された分譲ソーラーのオーナー様をまもなく募集させていただくことになりました!!
 
消費税10%への増税前にお引き渡しができるように続々と建設予定となっております。現段階では、
   ①青森県六戸町(2区画)  ②青森県六戸町(6区画)  ③岩手県花巻市(12区画)
で、価格や工期、着工順等の詳細は未定ですが、パネルは60kW程、パワコンは49kW程の低圧産業用として計画を立てております。
 
平成26年度4月1日からはこのような分譲ソーラーは新規での受付は不可との事ですので、最後のチャンスかもしれませんね。
 
  ※詳細が決まりましたらホームページ上でもご案内させていただきます。お楽しみに!!※
 
 
詳細発表前でも是非予約をしたい!というお客様は、仮予約という形で押さえておくこともできますので、お問い合わせフォームからお知らせください。(またはフリーダイヤル0120-314-901へお電話ください) 
 
太陽光パネルを解体・撤去・引取り致します
2014-03-06
10年20年と我が家の屋根の上で発電を続けてくれる太陽光パネル
 
導入時にはあまり考えませんが、将来的には「いつか撤去」するかもしれません。
 
撤去方法は、大きく分けて2つ。
①建物そのものも解体・撤去
②建物はそのままで太陽光発電のみ撤去
 
①の場合、他の廃棄物と一緒に処理されるので
「建物解体費+太陽光処分費(パネル1枚1,000円)」
 
②の場合、費用の内訳は
屋根から下ろす「工事費」
太陽光パネルの「処理費」1枚1,000円
指定場所への「運搬費」
 
弊社では太陽光発電パネルの処分(収集・運搬)業務を開始致しました
 
処分費は太陽光パネル1枚を1,000円でお引き受けいたします。解体・収集・運搬は別料金となりますので、物件別にお見積りいたします。
 
いずれに致しましてもなんなりとご相談くださいませ
 
お気軽にご相談ください
2014-03-01
 グッドワンリフォームでは、個人、法人向け問わず、下記の保険商品を取り扱っておりますので、
新規加入のご相談から・現在ご加入済みの保険見直しなど、お気軽にご相談ください。
 
火災保険・地震保険
いざという時に大切なマイホームをお守りいたします。万全の補償をご提案させていただきます。
 
自動車保険
自動車を運転する際に必要な保険です。自賠責保険と任意保険の両方を扱っております。
<<株式会社グッドワンリフォーム>> 〒020-0872 岩手県盛岡市八幡町13-32(モデルハウス)
岩手県盛岡市東山1丁目20-3-1(中野オフィス)
TEL:019-601-6027 FAX:019-601-6028